松阪萬古紹介

略歴

1716年(享保元年)
~1804年(文化元年)
和泥斎寸丈(植松庸知(やすとも))寸丈焼(時中焼)開窯
裏千家八代一燈が松坂の陶工・二代和泥斎時中丈七を伴って徳島を訪れ、阿波焼を興した。一燈、阿波焼で阿波筒花入を御好みになる。
1855年(安政二年)
竹川竹斎(玄々斎門下)射和萬古開窯
1863年(文久三年)
射和萬古閉窯
1856年(安政三年)
初代信春 百々川焼開窯
1863年(文久三年)
下村焼(四ツ又焼)開窯
1878年(明治十一年)
二代芳春 錦花山焼開窯
徳和焼と改称(長谷川可同命名:又妙斎・円能斎門下)
1914年(大正三年)
三代芳隣 松阪萬古と改称(昭和十年小津笹川庵命名)
淡々斎宗匠より御好窯として「松古」の印を賜り「松古窯」と命名される
1916年(大正五年四月)
玄句斎格式披露茶会三重県津市で開催
1947年(昭和二十二年)
四代勝山 即中斎宗匠の御用を承る。
1998年(平成十年)
芳山五代目を継承
古萬古の赤絵・盛絵技法を研究
2006年(平成十八年)
喜寿記念展示会開催

PAGE TOP

展示会のお知らせ

催事ご案内

※クリックするとPDFファイルが開きます。

gallery moritaスタッフブログ

ギャラリー森田からのお知らせ

お知らせ

※クリックするとPDFファイルが開きます。

株式会社ギャラリー森田

[所在地]
〒515-0083
三重県松阪市中町1948
[営業時間]
9:00~18:00
[定休日]
日曜、祝日
[電話番号]
0598-21-3178