錦花山焼 古鏡蓋菓子器

※画像はクリックすると拡大できます。

松阪萬古初代は伊勢国飯南郡井村の郷土、佐久間吉郎兵衛信春が安政三年同郡廣瀬の里に窯を築き百々川萬古と名付け、津城主藤堂家に納入し御三家を始め大名の御用窯となった。
続いて、百々川畔にも築窯した。
文久三年(1863)飯高郡下村、大日に下村焼を開業。
下村焼は、四ツ又焼、飯高焼とも呼ばれ、射和や伊賀丸柱、四日市の陶工を招き蓋物、急須等を登り窯で焼いた。その後、二代佐久間兵四郎芳春が引き継ぐ。
明治十一年三月、芳春は陶土採取の事情により、松阪の東南、神戸村錦花山に窯を移し、古萬古の流れを受け継ぐ射和萬古の陶工上島弥兵衛ほか三人の陶工を従えここで地名により『錦花山焼』と称した。
射和萬古・百々川焼の二系統を引き継いだその作品には写真のように釉薬、色盛絵呉須赤絵の密画等があり、代々その陶風は受け継がれ大正3年その子三代芳隣が継承、「松阪萬古」と改名して、その子四代佐久間勝山そして現在五代佐久間芳山に至っている。

展示会のお知らせ

催事ご案内

※クリックするとPDFファイルが開きます。

gallery moritaスタッフブログ

ギャラリー森田からのお知らせ

お知らせ

※クリックするとPDFファイルが開きます。

株式会社ギャラリー森田

[所在地]
〒515-0083
三重県松阪市中町1948
[営業時間]
9:00~18:00
[定休日]
日曜、祝日
[電話番号]
0598-21-3178