織部茶碗

※画像はクリックすると拡大できます。

「織部」という名はいうまでもなく安土桃山時代の武将でもある茶人、利休の高弟で知られる古田織部の指導により、斬新奇抜な意匠の陶器を指す。
大阪夏の陣で陰謀を疑わられ、自刃した関係上史料が少なく長い間謎とされてきたが、荒川豊蔵氏によって慶長・元和を盛期とする美濃にて窯跡や破片が見つかったことから、現在さらに研究に深まりを見せている。
織部は 利休のわび・さびを骨格とした茶の湯とは対象に、五感を楽しませる茶の湯の個性美を展開させた。
桃山時代の 「現代美術」として、より新しく面白いものをと 奇想を練った織部の美意識から、沓形・抽象画を彷彿させる模様をモチーフに併せた茶碗を生み出した。
桃山に生まれたこの茶碗の革新的意匠、デザインは現代においても色あせることなく先進的で美しい。

展示会のお知らせ

催事ご案内

※クリックするとPDFファイルが開きます。

gallery moritaスタッフブログ

ギャラリー森田からのお知らせ

お知らせ

※クリックするとPDFファイルが開きます。

株式会社ギャラリー森田

[所在地]
〒515-0083
三重県松阪市中町1948
[営業時間]
9:00~18:00
[定休日]
日曜、祝日
[電話番号]
0598-21-3178