射和萬古 深津宗味自筆 玉の絵茶碗

※画像はクリックすると拡大できます。

幕末から明治にかけてと言う 激動の時代、国学者本居宣長の門人であった父を持ち、 萬古焼の創始者である 沼波弄山 と姻戚関係であった竹川竹斎は、 製陶で地域産業の発展を 企てた。
現在の三重県飯南郡にあった邸宅に窯を築いたのを始まりとし、後別荘に移窯、諸国の陶工を集め本格的に 創業した、これを射和萬古と呼んでいる。
陶品は多岐にわたっているが、竹斎自身が千家との交流の深い茶人であったことや、地域の数寄者仲間で茶事等も盛 ん行っていたことから、茶道具に秀作が多い。
わずか七年 間と言う短命ではあったが、現在も続く茶陶松阪萬古にも多大な影響を与えている。

展示会のお知らせ

催事ご案内

※クリックするとPDFファイルが開きます。

gallery moritaスタッフブログ

ギャラリー森田からのお知らせ

お知らせ

※クリックするとPDFファイルが開きます。

株式会社ギャラリー森田

[所在地]
〒515-0083
三重県松阪市中町1948
[営業時間]
9:00~18:00
[定休日]
日曜、祝日
[電話番号]
0598-21-3178